スタディサプリ

スタディサプリのTOEIC対策とビジネス英語で迷ったら「TOEIC対策」を!

2024-05-18

※アフィリエイト広告を利用しています

スタディサプリENGLISHで迷ったら?!

https://tomokomemo.com

スタディサプリENGLISH TOEIC対策と、スタディサプリENGLISH ビジネス英語コース、どっちを選ぶべきか迷われている人は多いのではないでしょうか?

どちらもよく作りこまれた優良なサービスだと思いますが・・・

結論から先に言います。

もし迷っているのなら「TOEIC対策」を選ぶと良いです。

TOEIC試験はビジネスで使われる英語が題材になっていることが多いから

TOEICを一度でも受験したことのある人は、なんとなくお気づきと思いますが、TOEIC試験の問題は、ビジネスの場における会話や、ビジネスで使われる英文が題材になっていることが多いのです。

そうなると、必然的にTOEIC対策に勉強する内容も、実際のビジネスの場で使われる英語が多めになる、ということになります。

もちろん全部が全部ではありませんが、問題文のシチュエーションはビジネスに関するもの、がとても多いです。

TOEICのための勉強はスキマ時間を有効活用できるから

TOEICのための勉強は、スキマ時間でこなすことが可能です。

当然スタディサプリENGLISH TOEIC対策においても、5分前後でサクッとこなせる単位にまで、レッスンが分割されているので、忙しいビジネスパーソンにぴったりな勉強法になるのです。

一日の間に、5分や10分の学習をチョコチョコこなしていくと、一日で30分や1時間といった勉強時間が積みあがっていきます。

しかも、そうした積み上げられた時間は可視化されているので、さらにモチベーションアップですね。

「TOEICを受ける予定がない」という人にもTOEIC対策をおススメする理由

TOEICを受ける予定がない、という人にも、スタディサプリENGLISH TOEIC対策はおススメできます。

それは、先にも書いた通り「英語の基礎力アップ」が狙えるからです。

こんな機能が!

語彙力アップ:単語・イディオムチェック機能、TEPPAN英単語
文法力アップ:パーフェクト講義-英文法編
リスニング力アップ:実践問題(リスニング)、ディクテーション機能、シャドーイング機能
リーディング力アップ:実践問題(リーディング)

これらの機能を、スマホやタブレットあるいはPCで、サクッと利用することができるのです。

しかも、忙しい人にとって大変ありがたいことに、どの練習も5-10分程度の細切れの時間でもこなせるぐらい分割されています。

語彙力アップ

語彙力アップには、実践問題の中の「単語・イディオムチェック」機能と、独立した機能である「TEPPAN英単語」があります。

どちらも仕組みは同じで、英単語やイディオムが画面に表示されるので、その意味を日本語の4択から1つ選んで回答していく、というものです。

単純なドリルですが、満点を取るまで同じドリルを繰り返してやりたくなったり多少の中毒性もあるようです。

単語・イディオムチェック

そして、サクッと短い時間でこなせるため、息抜きにぴったりです。

文法力アップ

パーフェクト講義-英文法編、というセッションがあります。

53レッスン(2024年5月現在)に細かく分かれています。
英文法1

各単元は以下のように、チェック問題、講義(動画)、問題演習という構成になっています。

英文法2

こちらは関正生先生の解説講義(動画)です、5分前後の動画が多く、サクッと確認できてしまいます。
英文法3

文法については、「学生じゃあるまいし、いまさら文法?」と思いがちですが、中級以上の人であっても、文法をあらためて振り返るのも悪くありません。

意外と、「それは知らなった」というものも出てくるはずです。

あわせて読みたい
スタディサプリEnglish「TOEIC対策」の英文法学習
忙しい大人の英文法やり直しにぴったりなスタディサプリENGLISH「TOEIC対策」

英語を学び続けるのであれば、どこかのタイミングでは、必ず英文法は学びなおすべきです。 理由は、英文法を正しくおさえておいたほうが、英語の上達が早くなるからです。 ・・・とはいえ、大人はみんな忙しいです ...

続きを見る

リスニング力アップ

リスニングの底上げをする機能としては、「実践問題(リスニング)」「ディクテーション機能」「シャドーイング機能」があります。

「実践問題(リスニング)」は、TOEICの試験と同じ形式の問題をひたすら解くことになります。

また、聞き取れた!と思った英文でも、いざそれをタイピングしようとするとあやふやなところがあるとタイピングができません。

そういう、聞き取れていない箇所の発見に役立つのが「ディクテーション機能」です。

ディクテーション機能

速度を速めたり遅くしたりも可能です。

また、聞き取れなかった場合は真ん中の「音声再生」ボタンを押せば何度でも聞き返すことが可能です。

さらに、聞こえた音を自分の口から呟いてみるのがシャドーイングですが、この「シャドーイング機能」では、ボタン一つで繰り返し音声再生することができ、気が済むまで何度も聞き返すことができます。

その上、どうしても聞こえないものは「字幕ON」にしてスクリプトを確認することもできます。

シャドーイング機能

字幕をONにしたところ

リーディング力アップ

「実践問題(リーディング)」では、穴埋め問題から、文章読解まで、数をこなすことができます。

それぞれの問題には丁寧な解説がついていますので、できなくても解説を読んでしっかり理解していくことが可能です。

実践問題集-リーディング

回答の正解・不正解の結果とともに、解説が読めます。

その他

またその名の通り「基礎講座」という初級者向けのセクションも存在しており、英文法・英単語・基礎リスニングについて、演習問題、動画講義などが用意されています。

英語が完全に初級者、という場合は、この講義と演習問題をサクッとやっておくと、基礎力が大幅にアップすることは間違いなしです。

※中~上級者はこの「基礎講座」は飛ばしてもよいでしょう。

結論:迷っているなら「TOEIC対策」

冒頭に結論を書いてしまっているのですが、あえてもう一度。

「TOEIC対策」と「ビジネス英語」で迷っているならば、「TOEIC対策」でガッツリ基礎力をアップさせることをおススメします。

そして、その上で、やはり「ビジネス英語」も必要だ!ということであれば、その時に初めて移行すれば良いのではないでしょうか。

登録はこちらから

スタディサプリENGLISH TOEIC対策

まずは無料の試用期間7日間でその機能の充実ぶりを試してみてください。

月額3,278円(税込)ですが、6か月または12か月分の一括払いや、各種キャンペーンを組み合わせることでお得に始めることができます。

あわせて読みたい
スタディサプリTOEIC対策
「TOEIC対策にスタディサプリなんて効果ない」と思っていた私が課金した理由

スタディサプリを始める前の私は、オンライン英会話中心に英語の勉強をしてきました。 私の英語の学習は、まず「当たって砕けろ」というスタイルだったので、実践で話してみてうまくいかないことがあればそれを分析 ...

続きを見る

-スタディサプリ