ベストティーチャー

ベストティーチャーを「回数無制限オンライン英会話サービス」として使う使い方

2024-06-23

※アフィリエイト広告を利用しています

https://tomokomemo.com

ベストティーチャーは、最初にライティングをしてはじめて英会話レッスンが受けられる、という少し珍しいサービスです。

今回はこのベストティーチャーを、「回数無制限オンライン英会話サービス」として使う使い方をご紹介します。

はじめに

ベストティーチャーには、ベーシックな「通常コース」のほかに、ビジネスパーソンにピッタリな「日経LissNコース」、それと各種試験対策が必要な人向けの「試験対策コース」があります。

3つのコース

  • 通常コース/月額12,000円(税込)
  • 日経LissNコース/月額13,500(税込)
  • 試験対策コース/月額16,500(税込)

このページでは、上述の「通常コース」を使うことを前提に、ベストティーチャーを「回数無制限オンライン英会話サービス」として使う使い方をご紹介します。

ベストティーチャーのレッスン受講回数には制限がない

ベストティーチャーのスピーキングレッスン受講回数には、実は制限がありません。

毎日受講が可能なオンライン英会話サービスはありますが、1日に1コマまでと決まっているケースも多いです。

しかし、ベストティーチャーにおいては1日に何回でもオンライン英会話レッスンの受講が可能です。

このような回数無制限のオンライン英会話サービスとしては、有名どころではネイティブキャンプもありますね!

集中的に英語漬けになりたいときにピッタリ!

例えば年末年始や、長期休暇など、まとまった時間があり、英語漬けになりたい!というニーズがあるときに、ベストティーチャーを使っての英語練習はオススメできます。

ベストティーチャーの場合は、英会話レッスンの前に必ず「英作文を実施する」ということが前提になりますので、その分手間がかかると思われることでしょうが、英語漬けになる、英語に慣れる、という意味では、書くというアウトプットは非常に役に立ちますから、書いて話して、書いて話して・・・という繰り返しができます。

また、最低3往復の英作文も、リプライは割と速く返ってくることが多いですし、同時に3つの課題をパラレルで進めることもできます。

つまり、1日の間にいくつもの英作文を「完了」させることが可能です。

よって、その数だけ、スピーキングのレッスンも受けられる、ということになります。

ライティングが終わればスピーキングレッスン予約が可能

基本的にベストティーチャーでは、「ライティング」→「トレーニング」→「スピーキング」の順番ですすみますが、真ん中の「トレーニング」はスキップ可能です。

この順番で進んでいきます

「トレーニング」とは、以下の通りですが、添削結果の閲覧と模範解答だけ確認できれば、あとはやってもやらなくてもどちらでもよいかと思います。

トレーニングの内容

  • Checking Correctionー添削結果の閲覧と模範解答のAI音声再生
  • Overlappingー機械音声に合わせた発声練習
  • Shadowingー機械音声に続いての発声練習
  • Dictationー機械音声によるディクテーション

以下の通り「トレーニング完了」ボタンを押すことで、(トレーニングをやっていなくても)終わったことにできます。

「トレーニング完了」ボタンを押せばスピーキングレッスンが可能になります

よって、ライティングが終わったらすぐにスピーキングの予約が可能です。

スピーキングレッスンのテーマは実は自由

ベストティーチャーでは、生徒が作った英作文をもとにしてレッスンが行われますが、実はコレ、生徒が選択できるのです。

つまり、自分の書いた英作文は添削してもらうところまでで終わりにして、スピーキングレッスンではフリートークにできるのです。

スピーキングレッスンではフリートーク可能!というのは意外と知られていないことかもしれません。

レッスンをフリートークにするには、スピーキングレッスン予約時に、「希望するレッスン内容」を「フリートーク中心」にするだけです。

もちろん、自分の書いた英作文をもとにしてレッスンを受けたい場合は「スクリプト中心」を選べば、その通りに進めてもらえます。

まとめ・「書いて!話して!」を繰り返してみよう

スピーキングのみならず、ライティングも同時に練習できるベストティーチャー

まとまった時間があるときに、「書いて!話して!」を繰り返して、英語漬けになることができます。

また、忙しくなって、定期的にライティング&スピーキングの練習ができなくなった!というような時でも、次回支払日の前日までにWeb上で申請すれば退会も簡単にできます。

ただし、その場合は、すべてのデータが消えてしまいます。

よって、データを残しておいて後日再開したい、という場合は、やはり次回支払日の前日までにWeb上で「復習モード」に変更するよう申請しておけば、これまでの添削結果を保存しておくことができます。

この「復習モード」にした場合、1か月500円かかります。

このように、いざ忙しくなった場合でも、「退会」あるいは「復習モード」に切り替えるのは非常に簡単ですので、迷っているのならば、サクッと体験してみるのが良いでしょう。

なお、無料体験レッスンとして、ライティングは3つ(それぞれ3-5往復)まで、スピーキングレッスンは1回受けられます。

無料体験中にライティングを3つ完了させた場合、残りの2つは、会員登録することにより、スピーキングレッスンの受講が可能になります。

無料体験の申し込みは以下のリンクからできます。




ベストティーチャーのサイトはこちら

-ベストティーチャー